脅威のリバウンドしないダイエット術

健康を促進するダイエットでは肌荒れや便秘はおろかリバウンドも無いのです

カロリーという言葉に遊ばれていない?

2012年9月14日 | カロリー | | コメント(0)

『今日は昼一杯食べてカロリーを摂り過ぎたから
夜ご飯は抜きましょう・・。』

こういったダイエットを意識した話には
「カロリー」という単語がよく出て来ると思います。

ただ、この「カロリー」・・
ダイエットに関して言えば単に目安でしか無いのですね。

例えば雑誌やTV番組でダイエットを扱った特集なんかが
あると必ず「どうやって1日のカロリー摂取を抑えるか?」
なんて事を問題にしていますが、ここに誤解があります。


人間が1日に消費するカロリーはバラバラです。


外で肉体労働をしている人とデスクワークの人
の消費カロリーなんて違いますし、男女の間でもそう
だし年齢でだって違います。


世の中の人の平均を取った1日の総カロリー摂取量は
あくまで平均であって絶対値ではりません。

そしてここがポイントなのですが、人によってそれこそ
「代謝」の働き具合もバラバラなんです。
代謝が良い人の脂肪燃焼効率はとてもよく、こういった
人は平均以上のカロリーを摂取した所でどうという事は
ありません。


それにこういった食べても太らない身体の人って居ますが、彼らの
存在が説明つかなくなってしまいます。

痩せの大食いなんてのはまさに代謝が活発な人達なのです。

カロリーコントロールと最近世間では言いますが
こういった事は本来身体の代謝を上げて

「食べても太らない体質」にしてしまえば

特に気にする必要は無い話なんですね。

勿論極端な過食は身体に良くありませんが、
代謝の良い人は自分の身体のコントロールが
出来ているので「これ以上食べたら私でも太る」
というのが分かってくるのです。


もういちいちカロリー計算などで頭を悩ませる生活
を終わらせたいならば、本当にダイエットにチャレンジ
してみませんか?



成功者が続出しているダイエット情報を無料で提供しておりますのでこの機会にお試しください。

リバウンドの仕組を知るとリバウンド回避は簡単!

| リバウンド | | コメント(0)

ダイエットをしていると、あるいはダイエットが成功しかかって
いる時などに「ふと」頭をよぎるのが

「リバウンド」

の事だと思います。

正直痩せられても維持出来るのだろうか?とか
ダイエット前のように戻るのでは・・?

という不安は常に付いて回ると思います。

しかし、この「リバウンド」はその仕組さえ知って
その回避策を実行するだけで・・・・

リバウンドはしません!

ではどういった仕組かというと、

例えば「ダイエットとは痩せる事」と単純に認識
している方が多いかと思います。

その考えの元でダイエットを始めると

・極端に食事を抜いてみたり
・健康だ!と話題になった食べ物しか食べなかったり

というようなカロリーを単に減らすだけの行動を起こして
しまいがちになってしまいます。

これは単に低カロリー状態に陥ったり、栄養が極端に
偏ったりするだけで、この方法で痩せたというのはある
かもしれませんがそれは単に「やつれている」という事
なのです。

そしてそんな無茶なダイエットは身体が持たないので
続けられる訳も無く・・

(ちなみに長期に渡って行うと拒食症や栄養失調となり危険なので
やめてください)

途中で止めてしまいます。

するとそれまでに低カロリーや栄養の偏りを続けてきた身体は
ダメージを負っていたので、頑張って回復しようとします。

そしてある種飢餓に似た状態に身体がなると、身体は次の
飢餓に耐える為に栄養をいつも以上に蓄えようとします。

これがリバウンドですね。

身体が飢餓を耐える為の仕様になってしまうのですね。
これはいわば「食べても太らない身体の逆」になっている
のです。

このようにしっかりと毎日食べない事は逆に身体を
太る体質に変えてしまう訳なのです。
(だからといって勿論過食は論外です、適度な・標準的な量で。)

・・なので本来のダイエットとは

「身体を痩せる体質に変えてから減量する」

事なのですね。
それは代謝を活発にしたりして脂肪の燃焼効率を
上げれば可能なのです。

その為には基礎的な栄養は必ず必要なので、前述のような
無茶な食事の抜き方は止めましょう!

もしダイエットをするならば健康的でそして
リバウンドの心配をしなくても良い方法を
選んでみませんか?

体重78kgのダルマ女が48kgのスリム美女に劇的変身!TV「魔女たちの22時」で話題の“さかさまダイエット”

7 / 7« 先頭...7

▲ ページトップへ