記事の詳細

ちょっと世間には誤解があるようですが、
汗をかくから「わきが」という訳では必ずしもありません。

汗をかいていて汗臭くない人は普通に居ますからね。

では汗がニオウ人とそうで無い人とでは何が違うのか・・?

これはちょくちょくこちらでも話に出ています二つの汗腺・・
「アポクリン腺」と「エクリン腺」の違いにその原因が
あります。

汗腺は95%近くが「エクリン腺」です、そこから出る汗は
例えば運動をして身体の表面温度が上がった人間の体温を下げてくれる
働きをします。実際にこの汗は臭いがあまり出ません。
わきがの方でもこちらから出た汗だと臭いはありません。

これが人間の特徴であり、これがあるからこそ長距離を走る事が
出来るのだそうです。

さて、もう一つの「アポクリン腺」ですが、こちらから出る汗は
フェロモン系を含んでいます。

しかし間違えてはイケナイのが、フェロモン自体も無臭だという事です。

では何故ニオイが発生するのかと言えば、腋に住む雑菌がこのアポクリン
腺から出た汗と混合する事で初めて「ニオイ」が出るのですね。

実はアポクリン腺から出る汗は体内の血液等を汗に変換する際に
ミネラルや体内の臭い成分を含んだまま汗になってしまうのです。

そうなると汗と外の雑菌との反応で臭いが出てしまうわけなのです。

さてここでもう一つ問題なのが、エクリン腺が機能不全に
陥っている場合はこのアポクリン腺からの汗が主流になって
しまうという事です。(これが「わきが」の原因の大半です。)

こうなると匂いが出易い汗がメインになってしまうので
わきがの元となる場合が多くなってしまうという事です。

これは常に汗に対して対処すれば問題は少なくなりますが
そうもいきませんよね・・。

このように確かに汗っかきが必ずしも「わきが」という
訳では無いのですが、かく汗の種類によっては臭いが出てしまうという
事でもあるのです。

体質を改善する事でエクリン腺の機能を再起させて
かく汗のメインをコチラにする事で徐々にわきがの体質を改善していく
プログラムがコチラicon_arrow02_15px_pnkワキガ改善プログラム

関連記事

解析

ページ上部へ戻る