記事の詳細

わきが治療の手段の一つに『手術』があります。
これは100%の成功が約束されているならば、するに越した事
は無いでしょう。

しかし現実として100%という事は無く、キズが残ってしまったり
再発してしまうという事例もやはり多々あるのです。

実際に完全にキズや色素沈着が無かった人が大体50%くらいと
言われています。

残りはキズが殆ど目立たない人が30%、キズや変色が気になる人が
10%ほど居るそうです。

勿論これは数ある手術方法やの個人で差があるので一概には言えず、
あくまで目安ではありますが。

ただ、周りから見たら気にならないキズ跡でも本人にはどうにも
気になってしまう事はあるのです。(他人には大して気にならない
ホクロの位置が気になってしまうように)

それでも最近では手術の間口も広くなってきており、保険が適用出来たり
様々な種類の手術方法が開発されたりはしています。
(詳しくは『わきが手術』にて)

こうなると問題はその病院の評判、そして本当に自分が「わきが」なのかが
重要になってきます。

検査をせずにいきなり手術をしてしまったり、術後も症状が変わらなかったり
明らかにキズが目立つようでは困りますからね。

兎に角、先ず「手術」となる前に
・手術が本当に必要なのか?
・それ以外の改善方法は無いのか?

等考えて決めて下さいね。

多くの人がわきがの悩みを解決しているレポートをプレゼント中

関連記事

解析

ページ上部へ戻る